親との関係

「親からの連絡」話したくなければ話さなくて大丈夫なんです



親からの連絡が嫌なときってありますよね。


いちいち干渉してきたり、圧力をかけてきたり。



本当は連絡を無視したいけど、仕方がないから返事をするなんてことをしていませんか?



私も以前まで、嫌々ながらに返信していました。




親から連絡が来るたびに胸が苦しくなって、ストレスが溜まっていたんです。




でも、親の連絡を無視していいんだっていうことに気づいたんですよね。





本記事では、「親と話したくない時は話さなくて大丈夫です!」という内容でお話していきたいと思います!







スポンサーリンク

話したくないときは話さないで!

さて問題です!

嫌いな人からLINEが来ました。あなたはそのLINEにすぐ返信しますか?それともしませんか?

  1. すぐに返信する
  2. 一回無視する



ayaka

私は一回無視すると思います!




きっとあなたも「無視する」を選びましたよね?


なぜこれを聞いたかと言うと、親であっても同じようなことが言えるからです。




親だから特別扱いしようなんて思わなくていいんですよね。




嫌いな人から連絡が来たら、誰だって無視したくなります。



すぐになんて返信したくありません。




これは誰だって一緒なんです。




だから、親に対しても同じで大丈夫!



嫌ならちゃんとその嫌を受け入れていいんです。




無視して怒るくらいの親なら人として未熟ですし、その時はその時でこっちの都合を伝えればいいだけ!




好きに理由をつけてもいいですし、正直な気持ちを話してしまってもかまいません。




自分の「嫌」に正直になって、それを表して全く問題ないんです。




大切なことは自分に嘘をつかないこと


「苦しい!」と心が悲鳴を上げているのに、その気持ちを無視して連絡を取るなんてもっと苦しいじゃないですか。



わざわざ嫌な人に返信して、その人からの返信を待つなんて、自分への虐待行為だと思います。




ここで自分自身に問いかけてほしいことは、




「自分の心を大切にしたい?」

「それとも自分を犠牲にして親を選ぶ?」




ということです。





自分の感情を偽って返信するよりも、嫌という感情をちゃんと受け入れてあげる。




そして、その通りの行動をしてあげることが大切なんです。




もし、親から連絡がきたときに拒絶反応が出たらその感情に従えばいいだけ。




無理に自分を偽るよりも、自分をちゃんと受け入れてあげる。




これがとても大事なんです。



【体験談】親からの連絡を無視してみた時の3ステップ

ステップ1:親からの連絡を無視する


親からの圧力を感じて限界だった私は、連絡を無視しました。



もちろん無視する前に一回考えましたよ。


ayaka

自分の気持ちを正直に話すか、それとも一回無視するか。




でも今の状態で返信しても言い返されるだけと思ったので、無視する選択をしました。


親と音信不通になることは悪いことじゃない!その理由と体験談とは「本当は連絡を取ることが嫌だし離れたい…」「だけど音信不通になるのはなんだか気が引ける…」こんな風に思っていませんか?以前の私も同じようなことを思っていました。何か言われるんじゃないかとビクビクして、ちょっとした罪悪感もあって、音信不通になる勇気はなかったんです。本記事では、「親と音信不通になることは悪いことじゃないですよ!」という内容でお話していこうと思います!...

ステップ2:自分の感情を書き留める


次にやったことは、自分の気持ちを書き留めるということです。



「私はこの連絡で何を感じたか」

「何が引っかかったか」

「どんなことを親に伝えたいか」




この3つを紙に書き留めました。



自分が思っていることが整理できると、気持ちが楽になるんですよね。



ステップ3:手紙にする


ステップ2で書き留めた内容を手紙にしました。

ayaka

無視しないんかい!って思いますよね(笑)



でも、どうしても自分の気持ちを親に伝えないと気が済まなかったんです(笑)



そして、選んだ連絡方法は「手紙」でした。

  • 面と向かって話さなくていいし、声を聞く必要もない。
  • オンタイムで返信が返ってくることもない。
  • 自分のペースで、ゆっくり内容を考えて送れる。



そう思って、手紙を選びました。

手紙を送った後は、親からの返信内容で「連絡するかしないか」の判断をしようと思っていました。でも自分勝手な内容が返ってきたので、それからはフル無視しました(笑)


自分の心が一番大切です

ayaka

やっぱり最後に言えることは、自分の心が一番大切ということです。

苦しかったら、やめればいい。

悲しかったら、時間を置けばいい。

返信したくないと思ったら、返信しなくていい。


もし親から「なんで返信してこないんだ!」と言われても、無視して大丈夫なんです。




「親不孝だ!」

「その選択は正しくない!」



と言う人もいるかもしれませんが、一番大切なのは自分の心。




話したくないと思ったら無視してもいいんです。

まだ話せないと思ったら、話さないでいいんです。





もし私のように、自分の気持ちを親に伝えたいと思った場合は、自分のやりやすいように工夫して伝えればいいんです。




ただそれだけの簡単なことなんですよ。




でも親の圧力に負けてしまったり、他人と比べてしまったりして、自分の気持ちを疎かにしてしまう。




そんなのはもうやめましょう!




一番の味方は常に自分自身ですから、自分を一番大切にできる方法を考えて行動していきましょうね。



ayaka

どんな時も一番の味方はあなた自身です!

 

スポンサーリンク

最後に


いかがでしたか?


話したくないと思ったら話さないでください!



自分の心に寄り添わなければ、その気持ちを受け止める人は誰もいませんから、自分に正直になって行動していきましょう!






過干渉な親からの進捗確認の連絡|できるだけ早く気楽に話を終える方法 親が過干渉だと毎回色々なことを聞かれてしまって心を苦しめている方もいらっしゃるかと思います。「最近どう?」「仕事どんな感じ?」一見普通...
「親からのメールが怖い」どう回避すればいいの? 「ポップアップが出ただけで嫌気が出てしまう…」「どう返信しようか迷ってしまう…」毎回このようなことを感じていたら、結構ストレスですよね...
親の支配から抜け出すための2ステップとは 「苦しいけど何も言えない」「怖い」「泣きたくなってうまく言葉で伝えられない」親から支配されているときって苦しいですよね、、 私も...
親の圧力から自分を守ろう!その方法と体験談毒親からの圧力って怖いですよね…考えを押し付けられたり、怒られたり。逃げたいのに逃げれなくて、どうしようもない苦しい気持ちを抱えてしまうなんて経験はありませんか?こんな時に大切なことは、自分を見失わないことなんです。本記事では、毒親の圧力から自分を守る方法についてお話させていただきます。...
親に対する我慢強さはもう捨てて!その理由と体験談とは「どれだけ我慢し続けたら苦しみから解放されるんだろう…」と考えたことはありませんか?以前の私も、自分の気持ちをひたすら我慢する生活をしていました。親のことが怖かったので、何も言えなかったんですよね。本記事では、「親に対する我慢強さを捨てた方がいい理由」という内容でお話していこうと思います!...