親との関係

親が嫌いなままでいい!好きになろうとしなくていい理由とは


あなたは親が好きですか?

それとも嫌いですか?


当時の私は親のことが大嫌いでした。



「生んでくれた親なんだからもっと感謝しないといけない」

「親を嫌いなんて親不孝」




こんなことを人から言われたことがあります。


でも、本当に気にしなくていいんです。



今回は、親が嫌いなままでいいですよ!という内容でお話していきたいと思います。




スポンサーリンク

親が嫌いなままでいい理由

嫌をちゃんと受け止めていいから


親に対して好き嫌いがあって何も問題ありません。


無理に親を好きになろうとしなくて大丈夫です。



嫌なことをされたら嫌いになります。

一方で好きなことをされたら好きなります。


これはごくごく普通のことです。


自分の心に正直になって親に向き合って大丈夫ですからね。

親を嫌いになることをためらわなくてOK


「親不孝だ」「親子円満でいないといけない」なんて言われても、罪悪感を持つ必要は一切ありません。


自分の家族と他人の家族を比べる必要はありません。



それよりも自分に素直でいましょう。


嫌いなものは嫌い。

それでいいんです。


比べる必要はありませんので、自分の心に素直でいてくださいね。

嫌いなのに無理して好きでいる方が苦しい


嫌なのに「好きになれ」と言われても、好きにはなれませんよね。


無理して好きになろうとしても、やっぱり無理なものは無理なんです。



一度感じた感情は感じきらなければ、苦しみとなって嫌いは増幅します。


だから素直に嫌いを受け止めることは何も悪いことではありません。



みんなが持っている感情なので、あっていいものです。





親のことを嫌ってはいけない。


好きでいなければいけない。



そんな制限をかける必要はありません。



血がつながった親であっても、育ててくれたひとであっても、嫌いは嫌いでいいんです。



【体験談】嫌いなのに無理して好きになろうとしてた私

親の良いところを見るようにする


できるだけ親の良いところを見るようにしていました。


嫌いなところには目を向けないようにして、親の好きなところだけに意識を向けるようにしてたんです。



でも嫌いという感情は敏感に出てしまうもので、嫌いをみないということはできませんでした。

自分を育ててくれた親だからと感謝するようにする


自分を育ててくれた肉親という理由から「感謝」で嫌いを誤魔化していました。



「感謝をしていれば嫌いという感情はなくなる」そう思っていつも感謝を心がけていたんです。


いつも「ありがとう」と言うようにしたり、風邪で寝込んだときに親がそばにいてくれたこと、疲れているのに料理をしてくれたことなどを思い出したりしていました。



心があったかくなるような出来事を思い出すようにしていたんです。




でも、いざ現実の親と向き合うと「嫌い」という感情が復活しました。


嫌だった出来事をゆるそうとする


嫌いな出来事をゆるすということを心がけていました。



親の理想を強要させられていたことや物を投げられたこと、心配をかけられすぎて心が病んでしまったこと。


すべてをゆるそうと思ったんです。



でもゆるそうとしてもゆるせなくて、さらに嫌いも無くすことはできませんでした。



実際にされたことは好きと言える出来事ではなかったんですから、、



結果:一時的に気を紛らわしているだけ

ayaka

やっぱり嫌いは変わらない、、


自分なりに「嫌い」を「好き」に変えようと頑張ってみましたが無理でした。



だって、嫌いなものは嫌いなんです。


好きになろうとしてなれるわけではありませんでした。


でもなんで好きになろうとしてたの?


ぺんこ

でもなんで親のことを好きになろうと思っていたの?

ayaka

親は私のことを気にかけてくれてたから「嫌い」って思いたくなかったの。私が悪い人みたいじゃない。

ぺんこ

でも親といて苦しかったんだよね、、それ本当に気にかけてくれていたの?

ayaka

ううん、ちがうと思う、、
母の理想から少しでもズレない様に私を見ていただけだったのかもしれないね、、

ぺんこ

そっか、、


もし親を好きになろうとしている方がいたら…


「親を嫌いになりたくないから好きになるように努力しないといけない」


こんな方はとても優しい心の持ち主だと思います。


でも頑張って好きになろうとしても、心の奥底には「嫌い」という感情があります。


その感情を否定して無理に好きになろうとすると苦しくなるんです。



「嫌い」という感情を受け入れることが出来るのは自分しかいません。


だからまず「嫌い」に目を向けなければ、一生好きになることはないんですよね。



「なぜ嫌いなのか」ということを追求していくことが、気持ちを楽にするためのカギになります。



親を好きになろう」と無理に自分を信じ込ませようと頑張っていても、苦しくなる時が必ず来ます。



過去の私も親が大嫌いだったのに「育ててくれたから親を好きにならないといけない」と思っていました。



でも、好きになろうと頑張れば頑張るほど苦しくなったんです。




自分の本当の気持ちに蓋をして、好きという感情に塗り替えようとする。


でも心の奥底には「嫌い」という感情が深く眠っていました。





なので、好きになろうとすればするほど、自分を苦しめることになったんですよね。




親を好きになりたいという場合は、「好き」に注目するよりも「嫌い」に向き合った方が、より親の好きなところに目を向けることができるようになります^^


嫌いを素直に受け入れることは良いこと


感情には裏表があるように、嫌いという感情がある方は必ず好きという感情も持っています。

だから、ちゃんと嫌いを認めることで親に対する「好き」にも目を向けられるようになるんです。



だって、手を出されて怖かった当時の親を好きにはなれませんよね。

自分の気持ちを否定してくる親を好きにはなれませんよね。




嫌いなところは嫌いで大丈夫なんです。



当時の私も過干渉な親に過剰な心配をされたり怒られたり、手を出された時もありましたが、嫌いを受け入れてから心が楽になりました。



「育ててくれた親だから好きになろう」と思う必要はなく、素直に嫌いを受け入れて大丈夫なんです。



自分だけでも自分の心にちゃんと寄り添って「親が嫌いなんだよね」と言ってあげてください。



きっと気持ちが楽になるはずですよ^^


ayaka

嫌いを素直に受け入れることは大切なことです^^



スポンサーリンク

最後に


いかがでしたか?


親が嫌いなままで全然いいんです。

むしろ受け入れてください^^


肉親だから、育ててくれたから、そんな感情は一切持たなくて大丈夫です!


嫌いなものは嫌い。

それでOK!


この嫌いというネガティブな感情を受け入れるだけで心がぐっと楽になりますよ!



そして未来のあなたは「親が嫌い」から「別にもう何とも思わない」「そしてありがとう」に変わっているかもしれません^^


「親からの連絡」話したくなければ話さなくて大丈夫なんです親からの連絡って嫌なときありますよね。いちいち干渉してきたり、圧力をかけてきたり。本当は連絡を無視したいけど、仕方がないから返事をするなんてことをしていませんか?私も以前まで、嫌々ながらに返信していました。親から連絡が来るたびに胸が苦しくなって、ストレスが溜まっていたんです。でも、親の連絡を無視していいんだっていうことに気づいたんですよね。本記事では、「親と話したくない時は話さなくて大丈夫です!」という内容でお話していきたいと思います!...
「過干渉な親育ちで苦しい」それ正直に受け入れて大丈夫!その理由と体験談とは 親に対する苦しい気持ちと頑張って戦っていませんか。「自分の人生をめちゃめちゃにされた」「もう孤独で苦しくて生きることが辛い」こんな感情...
親との実家暮らしが苦しいなら離れちゃってOK!その理由と注意点 実家暮らしが苦しいのに無理して一緒に住んでいませんか。「親が悲しむから」「引き留められるから」「老後の介護を心配されるから」以前の私は...
親に対する我慢強さはもう捨てて!その理由と体験談とは「どれだけ我慢し続けたら苦しみから解放されるんだろう…」と考えたことはありませんか?以前の私も、自分の気持ちをひたすら我慢する生活をしていました。親のことが怖かったので、何も言えなかったんですよね。本記事では、「親に対する我慢強さを捨てた方がいい理由」という内容でお話していこうと思います!...
苦しいのに親の言いなりにならないで!その理由と体験談とは親に言われるがまま従ったり、期待をされるからそれに応えたりしていませんか?心と真逆の行動をしなければいけないって苦しいですよね…本記事では、「苦しいのに親の言いなりにならないで!」という内容でお話していこうと思います!...