ブログ

最後を悲しむよりも完璧な人生を喜んであげて

最近お花さんとお話することが多くて、

すっごく沢山のことを

教えていただいていたから、

ちょっとずつ老いて、

元気がなくなっていく姿が

ちょっと苦しかったんです。

寂しくてあんなにも楽しくて

幸せでハッピーだったのにって

すごく寂しくなったんです。。

でも、それをカーネーションさんに

伝えた時に言われたことがこれです^^

みんな枯れてしまうことを

わかってここにきているの

だから悲しむことよりも

よく来てくれたねって

言ってくれた方が幸せなんだ

みんな枯れてしまうけど

だからと言って

離れるというわけではなくて

ずっと一緒にいるんだよ

(その時に以前一緒に咲いてくれていた

お花のイメージが

笑顔な感じで浮かんできました)

みんな繋がっているだなぁって

実感させられました。

ただお役目が終わったってこと

それを信頼して

枯れていく姿を見ても

見守ってくれていたほうが

お花も幸せなんだよ

って、

言ってくれました。

確かに時間が経過していったら

いずれはなくなってしまう

でもそれは本人にとっては

それでいいことで

他人がその人生を

悲しむ必要は一切ない

精一杯頑張ったねって

ありがとうって

見守ってあげることが

一番の幸せだなって感じました^^

これは人間にも同じことが

言えると思っていて、

どんなに年老いて

元気がなくなっていく人を

見たとしても

それはその人が頑張った歩んできた

人生の証で

それを悲しむよりも

ちゃんと最後まで

見守ってあげることが

その人にとって

最高の幸せなんじゃないかなって

感じました☆彡

だから、これからどんなお花さんが来て

年を取って身体に力がなくなっていっても

悲しむんじゃなくて、

ちゃんと最後まで

ありがとうって見守っていこう

って思った私でした^^

だってその子にとっては

完璧な人生なんだから^^

最後まで私を癒してくれた

カーネーションちゃんに

たくさんのありがとうを

言いたいです^^

私のもとに来てくれて

本当にありがとう^^