親との関係

過干渉な親育ちの私が実践した「親をゆるすためのコツ」



親から受けた傷は一生ものなので、ゆるすことってなかなか難しいですよね、、



だって、親からされてきたことは苦しかったことですから、、


でも、そんな私でも親のことを少しずつゆるせるようになっていきました。


今回は、「親をゆるすためのコツ」という内容でお話していきたいと思います。


スポンサーリンク

まずは傷ついた心を癒すところから!


まずは傷ついた心を癒すところから始めていきましょう!


傷が癒えていない状態で、無理に親と向き合おうとすることは本当に大変です。


というか、できません、、



当時の私も心が傷ついている状態ではあったけれども、親をゆるせない自分がゆるせなくて、できるだけ早くゆるそうと努力していました。



例えば、「ありがとう」を心の中で言ってみたり、感謝できることをひたすら思い浮かべたり、、


でも、どうしても傷ついたトラウマがフラッシュバックしてしまって、ゆるすことは出来なかったんです。



だから、まずは自分の傷ついた心を癒すところから始めていくことが大切です。



自分を癒してから徐々に親と向き合っていきましょう!


まず最初にすることは自分の心の傷を癒すことです!

ひとりでできる心を癒やすための3ステップ

ステップ1:リラックスできる環境を作る


まずは自分の心がリラックスできる環境を作ってみてください。


一人になれるところがおすすめですね。

ステップ2:過去の心の傷を癒す


インナーチャイルドを癒すと言ってもいいかもしれません。


私の個人的なやり方としては、まず目をつぶって苦しかった当時の記憶を思い出します。


そして、その場所に今の自分が行ってあげるんです。


心が苦しくて、泣いている自分に声をかけてあげてください。



「辛かったんだよね。もう大丈夫だよ。」

「よく頑張っているよ。」

「私があなたの味方だからね。」



このように、大人になった今の自分が当時の状況にいる自分に声をかけてみてください。


きっと声をかけたことによって、当時の自分から何か声が聞こえると思います。



当時の自分になって思ったことをそのまま話してみてください。



「本当に大丈夫かな?」

「でも本当に苦しいよ。」

「私に味方なんかいないよ。」




きっとネガティブな感情が出てくると思いますので、その発言に対しても今の自分が肯定してあげてください。



「大丈夫だよ。」

「あなたはよく頑張っているよ。」

「私がちゃんと味方になっているから大丈夫。」




ネガティブな感情が出てきたら肯定してあげる。


心に寄り添ってあげる。


この繰り返しですね。



繰り返していくだけで、少しずつ傷ついた心が癒されていきます。



私自身も、最初は息をすることが難しいくらい涙が出てきました。


それだけ、自分の中に抑え込んでいた感情があったんです。



でも、定期的に繰り返し声をかけ続けていたら、過去の私自身からあまりネガティブな感情が出てこなくなって、笑顔になったイメージが浮かんできたんです。



当時の苦しかった時は、自分を肯定してくれる人が誰もいなかったので、ネガティブな感情がずっと心の中にたまっていたんですよね。



それを今、自分で掘り起こしてあげたって感じです。



もちろん最初は苦しいと思いますが、今の自分はもう過去の自分ではないので、ちょっと成長したお姉さんお兄さんとして会いに行くのがおすすめですよ!


この繰り返しをしていくと、視点が変わり広い心で親を見れるようになります。


そして、親に左右されずに本音で生きていけるようになりますよ☆

このワークは、長期間かけて繰り返し行うことをおすすめします。一回きりでは、過去の自分に言いたいことが残っていると思いますからね。

親をゆるせるようになるための仕組み


そもそも、どうして「親をゆるせない」という感情が生まれてしまうかわかりますか?


「親の言動に不満があるけど言えない」

「言っても理解してもらえない」

「自分の気持ちに寄り添ってもらえない」



このような状態が長く続くことで、「親をゆるせない」という感情が自然と生まれてしまうんです。



要するに、自分の気持ちを受け入れてもらえなかったため、親に対するネガティブな感情が、心の中に蓄積されてしまった結果なんですよね。



そのネガティブな感情を徹底的に掘り起こしてあげる。


自分が自分の気持ちに寄り添ってあげる。


これがとっても大切です。


また、この本もとってもおすすめなので、ぜひ読んでみてください!


きっと何か気づきが生まれるかと思います☆


スポンサーリンク

最後に


いかがでしたか?


過去を受け入れて心の傷が癒えた時に、少しずつ親をゆるせるようになっています。


自分らしくもっと自由に生きていくために、心の傷を癒していきましょう!



親をゆるせないときに考えてほしい1つのこと「今までこんなにも辛い思いをしてきたから、親をゆるすことなんてできない…」「でもいつまでも引きずりたくない…」こんな感情と戦っていませんか?親をゆるすことって本当に大変ですよね。私自身も親をゆるすことに苦労してきました。でも、あることを見つめ直すだけでだんだんとゆるせるようになっていったんです。本記事では、「親をゆるせない時に考えてほしい1つのこと」についてお話させていただきます!...
「過干渉な親育ちで苦しい」それ正直に受け入れて大丈夫!その理由と体験談とは 親に対する苦しい気持ちと頑張って戦っていませんか。「自分の人生をめちゃめちゃにされた」「もう孤独で苦しくて生きることが辛い」こんな感情...
親を一生憎み続けますか?残りの人生の過ごし方について誰だって好き好んで親を憎んでいるわけではありませんよね。傷つけられたトラウマがあるからこそ、どうしても憎しみを抱えてしまうんです。だからと言って、その憎しみを抱え続けるのも苦しいものがあります。本記事では、「毒親を憎んでいる人に考えてほしい残りの人生の過ごし方」という内容でお話していこうと思います!...
過干渉な親はあなたの敵?本当の敵はあなた自身なんです 過干渉な親は子どもが嫌がることをたくさんしてくるので、どうしても敵に見えてしまいますよね。 でも実は、親よりももっと大きな敵が存...
親が嫌いなままでいい!好きになろうとしなくていい理由とは あなたは親が好きですか?それとも嫌いですか?当時の私は親のことが大嫌いでした。「生んでくれた親なんだからもっと感謝しないといけない」「...