親との関係

親からの情に訴えかけてくる急な連絡。嫌だったらその期待には応えなくていい|その理由とは


親から情に訴えかけるような連絡が来た時、あなたならどのような対応を取りますか?



例えば、急に家族が倒れたと連絡が来たり、助けを求めるような連絡が来たり。




その期待に応えますか?


それとも応えませんか?





本記事では、「嫌だったら無理して親の期待に応える必要はありません」という内容でお伝えしていきたいと思います。





スポンサーリンク

無理して親の期待に応える必要はない理由

自分を守る必要があるから



無理して親の期待に応えてしまったら、心が苦しくなってしまいますよね。



情に訴えかける連絡であっても、自分を犠牲にしてまで助けてあげる必要はないんです。




「応えてあげたい」という気持ちがあることは優しい心の持ち主ですが、自分を犠牲にしてまで親に貢献する必要はありません。




もし親の期待に応えてしまって連絡を頻繁に行うようになったり、物理的な接触が多くなってしまったら、それこそ苦しくなってしまいます。




こうならない前に、自分にセーブをかけておく必要があるんです。



自分勝手な親の言い分に過ぎないから


ここで一度考えてみてください。



今まであなたの親はあなたの期待に応えてきましたか?



きっと応えていないと思います。

自分の期待に応えてほしい。
でもあなたの期待には応えたくない。



これって身勝手だと思いませんか?



子どもは、親の所有物でもなければお手伝いさんでもありません。



ちゃんと心を持った人間なんです。



だから、どんなに情で訴えかけられたとしても、自己中心的な考えを持つ人の期待に応える必要はないんです。



善意は、「心の底から相手のことを助けたい」「愛したい」と思うから出来ること。



それが無償の愛なんです。



負の連鎖の始まりを、わざわざ作る必要はないですからね。



情に訴えかける親を受け入れたらどうなるの?

親の思い通りに支配される



情に訴えかけられるたびに親の期待に応えていくことになるので、苦しい状況からは抜け出せなくなるんです。

感情を押し殺すことになる


嫌なのに親の期待を受け入れてしまったら、感情を押し殺すことになります。



きっと情に訴えかけてくる連絡は何度も来るでしょう。



そのたびに、自分を押し殺して親の期待に応えていかなければいけなくなるんです。

 

ぺんぺん

もし期待に応えていったら、親の都合の良いように利用されてしまうから苦しくなるだけなんだよね。



親のご機嫌取りのために無理して笑わなくていい!その理由と体験談とは親のご機嫌取りって疲れますよね…こんな面倒なことないのに、どうしても親の機嫌を考えてしまう。毎日そんなことをしていたら、身体と心がもちません。以前の私も、親が怖くて親の前では無理して笑う習慣がついていました。本記事では、「親のご機嫌取りをするために無理に笑う必要はないですよ!」という内容でお話していきたいと思います!...



【体験談】親が介護疲れで倒れたときのエピソード


親と音信不通になって数か月たったある日、父から連絡が来ました。


それは、母親が介護疲れで倒れてしまったとの連絡でした。


母さんは介護疲れで倒れて入院することになりました。
ばあちゃんは、なんとか施設に入っています。
今ものすごく大変です。



「助けてほしい」と言ってきませんでしたが、きっと実家に戻ってきてほしいのだと察しました。



このメッセージを見た時、毒親だとしてもやっぱり心が苦しくなったんですよね。



でもよく考えてみたんです。



これって自己中だなって。



私が助けてほしかった時は助けてくれなかったのに、自分が苦しい時は子どもに助けを求めてくるんです。



それに父親の仕事は自由が利くため、少し考えれば数時間でも介護に充てることができますし、どうにでもなるはずなんです。



自分で工夫出来ることはまだあるのに子どもに助けを求める。



自分勝手でおかしなことだなって。



「どこまで子どもを親の道具として使いたいの?」「どうして自分で出来ることを精一杯しないで私に頼るの?」と疑問を抱きましたね。




私はこの連絡を通してもっと彼が嫌いになりました。



もちろん私からは連絡することはありませんでした。



もし拒否することが一歩でも遅くなったら、引き返すことが出来ないところまで追いつめられる可能性もあったので、自分を守るためにも連絡をしないという選択をしました。



親の期待に応えなければ支配を断ち切ることが出来ます


  • 「親が助けを求めているんだから応えてあげるのは常識!」
  • 「親なのにどうしてそんなことが出来るの?」



このように考える人もいるでしょう。



でも、自分は自分でしか守ることが出来ないんです。



もちろん優しい心を持っている人は、つい毒親に手を差し伸べてしまうかもしれません。



でもそれをきっかけに、さらに親に支配されるような出来事が起きてしまっては、苦しくなってしまうのは自分自身なんです。



だから、自分を守るための対策をすることは本当に大切なんですよね。



そうすることで、親からの支配を断ち切ることが出来るようになります。


自由のために拒否することができるようになりましょう!



過干渉な親はあなたの敵?本当の敵はあなた自身なんです 過干渉な親は子どもが嫌がることをたくさんしてくるので、どうしても敵に見えてしまいますよね。 でも実は、親よりももっと大きな敵が存...



スポンサーリンク

最後に



いかがでしたか?


情に訴えかける発言をしてきても、必ず期待に応えてあげる必要はありません。



最も大切なことは自分を守ることです。



どんなことを言われたとしても、何か矛盾を感じたり、嫌だと思ったら無理に応える必要はありません。



もちろんそれが生死が関わってくるようなことならば、考えは異なるかもしれませんよ。



でも、子どもにただ甘えているだけで親一人でもどうにかなると思ったら、自分を犠牲にしてまで親の期待に応えてあげる必要はないんです。






苦しいのに親の言いなりにならないで!その理由と体験談とは親に言われるがまま従ったり、期待をされるからそれに応えたりしていませんか?心と真逆の行動をしなければいけないって苦しいですよね…本記事では、「苦しいのに親の言いなりにならないで!」という内容でお話していこうと思います!...
過干渉な親との関係における後悔しない終わり方とはもし明日、私か親のどちらかが死ぬってなったら、どういう終わり方だったら後悔しないかなって思ったんですよね。本記事では、私が思う「後悔しない過干渉な親との関係のおわり方」についてお話していきたいと思います!...
親から離れたいなら今を変えることを諦めないで!その理由と体験談毒親と言われる人と一緒にいるのは苦しいですよね…精神的に無理をしてしまったり、「もう嫌!」と心が叫んでいたり…生活することが苦しい状況にいるのであれば、親から離れることを絶対に諦めてはいけないんです。本記事では、「親から離れたいなら今を変えることを諦めないで!」という内容でお話していきたいと思います!...
親と音信不通になることは悪いことじゃない!その理由と体験談とは「本当は連絡を取ることが嫌だし離れたい…」「だけど音信不通になるのはなんだか気が引ける…」こんな風に思っていませんか?以前の私も同じようなことを思っていました。何か言われるんじゃないかとビクビクして、ちょっとした罪悪感もあって、音信不通になる勇気はなかったんです。本記事では、「親と音信不通になることは悪いことじゃないですよ!」という内容でお話していこうと思います!...
「親からの連絡」話したくなければ話さなくて大丈夫なんです親からの連絡って嫌なときありますよね。いちいち干渉してきたり、圧力をかけてきたり。本当は連絡を無視したいけど、仕方がないから返事をするなんてことをしていませんか?私も以前まで、嫌々ながらに返信していました。親から連絡が来るたびに胸が苦しくなって、ストレスが溜まっていたんです。でも、親の連絡を無視していいんだっていうことに気づいたんですよね。本記事では、「親と話したくない時は話さなくて大丈夫です!」という内容でお話していきたいと思います!...