スピリチュアル

インナーチャイルドを癒すための5ステップ



今回紹介することは、私が実際に行っていた一人で出来るインナーチャイルドの癒し方ですฺ*:。


過去の苦しかった記憶を思い出して行うものになりますので、難しそうな方は無理して行わないでくださいね。


色々なインナーチャイルドの癒し方がありますので、これをやるかやらないかは自己判断でお願いします☆ミ




それでは、はじめていきましょう!








スポンサーリンク

そもそもインナーチャイルドってなに?


インナーチャイルドとは、心の中に住んでいる子ども心のことです。


・親に言いたいことが言えなかった
・親の期待に応えてきた
・良い子でいようと頑張ってきた etc…


このように幼少期、自分の感情を我慢することが多かったり、大人に傷つけられた経験が多い人は、このインナーチャイルドがものすごく傷ついているんですよね。


その影響で、孤独を感じやすかったり、自分を否定することが多かったり、自分を表現することに苦手意識を持っていたりします。


ありのままの自分を生きれるようになるためには、このインナーチャイルドを癒すことがポイントなんです*:。

インナーチャイルドを癒すための5ステップ

①:ひとりになれる環境を作る


周囲に人がいると、どうしても気になってしまうと思うので、ひとりになれる環境を作ることをおすすめします。

②:ティッシュをそばに置いておく


ティッシュをそばに置いておくことはマストです(笑)

③:幼少期苦しかった記憶をイメージする


このステップは、当時苦しかった記憶を思い出さなければいけないので、難しい方は無理してやらないでくださいね。



まず、目を閉じます。

ゆっくり深呼吸をして、自分を落ち着かせます。



そのあと、子どもの頃に苦しかった記憶を思い出します。



例えば、私だったら親に怒鳴られて、部屋の隅っこで体育座りをしながら泣いている状況を思い出していましたね。


④:今の自分が当時の自分に声をかけてあげる


今度は、その状況にいる自分に声をかけてみます。


泣いている自分。
苦しんでいる自分。
感情を我慢している自分。



当時の自分だったら、どんな言葉をもらったら嬉しいか、それをそのまま声に出して言ってあげましょう。



たとえば…


「よく頑張っているよ」
「親にわかってもらえなかったんだよね」
「辛いのものすごくわかるよ」


とことん寄り添ってあげましょう。


⑤:ネガティブな感情を肯定してあげる


それを聞いた当時の自分は、どんな反応をしましたか?



もっと泣いちゃいましたか?
否定的なことを言われましたか?



当時の自分に声をかけ続けていると、ネガティブな感情も蘇ってきます。



例えば…



「怖いんだ」
「もう怒られたくないんだ」
「なんでお母さんは私を怒るの…?」
「私何も悪いことしてないのに…」



当時自分が思っていた感情が、少しずつわかってくると思います。


今度は、その出てきたネガティブな感情を肯定してあげましょう。



「わかるよ。怖いよね」
「大丈夫、私がそばにいるよ」
「あなたのことわかってくれなかったよね」
「あなたは悪くないよ」



このように、過去の記憶を思い出して、その状況に今の自分が寄り添ってあげるというやり方です。



「本当はどうしたかった?」
「どんなことを親に言ってほしかった?」



このようにどんどん自分の心に寄り添っていってあげてください❁



これを繰り返し行うことによって、心の中に抑え込んでいた感情を吐き出すことが出来るようになるので、少しずつ心が軽くなっていきます。



当時苦しかった頃は、親からとことん否定されていたと思うので、自分でさえも自分を認めてあげることがなかなか出来なかったんです。



だから、自然と自分の本音を心の中に封印していたんですよね。



それを掘り起こして、自分で認めてあげたって感じです。



今の自分は当時の自分とは違うので、ちょっとしたお姉さんお兄さんとして声をかけてあげるのがおすすめですね!


私はこれでだいぶ楽になりました❁


定期的に苦しかった記憶を思い出して、声をかけ続けていると、過去の感情がだんだんと軽くなってくるので、気持ちが楽になるんです。


溜まっていたものがどんどん吐き出されるって感じですね。


そのうち、もう声をかけなくても大丈夫かなって思えるようになります。


苦しい記憶を思い出しても、そこまで泣かなくなりますし、客観的に当時を見ることが出来るって感じですね。



癒し方のポイントをあげるとすれば、ゆっくり時間をかけてあげることです!



一日では、どうしても当時の自分の感情を吐き出すには時間が足りなかったので、一週間に一回程度の間隔で癒していました。



やめるタイミングは人それぞれかと思います。



私個人的には、「ありのままの自分で生きていいんだ!」と認めることが出来たら、それで十分だと思うんです。



今の自分がハッピーに生きれると感じれるようになったら、あとは前を向いて人生を歩むだけですからね*:。・



スポンサーリンク

最後に



インナーチャイルドの癒し方にも色々あります❁


カウンセリングを頼るのも一つの方法だと思いますし、私が検索で見つけたものは、当時の感情を紙に書いてみるやり方だったり、お人形さんに向かって自分の感情を吐き出すやり方もありました。


自分と合う方法を探してみて、過去の傷ついた心を癒してみてくださいね!



なぜ過干渉な親育ちは「愛されたい」という感情が強いのか? 「愛されたい」という感情は、誰もが持っているものだと思います。でも過干渉な親育ちの場合、その感情が強いんですよね。私自身も「愛されたい...
孤独は人生を楽しくするための重要なステップ!その理由と体験談誰かと一緒にいたい。なんだか寂しい。愛されたい。これらの感情って実は、人生を楽しくするための重要なステップなんです。本記事では、「孤独は人生を楽しくするための重要なステップ」という内容でお話していこうと思います!...
過干渉な親育ちの葛藤|愛されて育った人が羨ましかった。私は私で他人にはなれない。 「もっと愛してほしかった」過干渉な親に育てられた人は、一度はこんなことを思ったことがあるのではないでしょうか。過干渉な親育ちだと愛情不...