親との関係

親との実家暮らしが苦しいなら離れちゃってOK!その理由と注意点



実家暮らしが苦しいのに無理して一緒に住んでいませんか。


「親が悲しむから」

「引き留められるから」

「老後の介護を心配されるから」


以前の私はこんなことを思っていました。


でもずっと苦しかったんです、、


だから、思い切って実家暮らしをやめたんですよね。


そしたら、本当に人生が一変しました。


今回は、「親との実家暮らしがが苦しいときは離れてOK」という内容でお話していきたいと思います。


スポンサーリンク

実家暮らしをやめていい理由

親のために自分を犠牲にしなくていいから


自分の人生は親のためにあるわけではありません。


産んでくれた人が親であっても、自由に生きることができるんですよね。


それに子どもは3歳までに一生分の親孝行はしているみたい、、


とは言っても、こんなことを考えるかもしれません。

今まで育ててくれたから親に悲しんでほしくない、、

もし親に何かあったら介護をしないといけないかも、、



でも自分が苦しいのに親に尽くすなんて、心と体を壊すだけなんです、、



だから、まずは自分を苦しみから解放してから親のことを考えましょう。

自分の気持ちを大切にしましょう



親の最後までずっと一緒に住むことを想像してみてください。

ayaka

親の隣にいるあなたは幸せですか?
元気ですか?
笑顔でいますか?


もし苦しいイメージしか浮かばない方は、離れる選択をしていいと思います。

自分を犠牲にしてまで実家暮らしをする必要はありません。


まず一番に自分の心を大切にしてくださいね。

親と一緒に実家にいたほうが気楽ですか。

それとも離れた方が気楽ですか。

自分が満たされてから親に向き合ってもいい

いきなりですが、ここで問題です!

あなたは今、所持金が1円しかありません。でも親から「海外旅行に連れてって!」と言われました。あなたは親に旅行代金を出してあげますか?以下の中から一つ選んでみてください。

  1. 出してあげない
  2. お金が溜まるまで待ってもらう
  3. 借金をしてまで払ってあげる

さて、あなたはどれを選びましたか?


この中にある「借金をしてまで払ってあげる」という選択肢は、今回テーマの「苦しいのに実家暮らしをする」という選択と同じようなこと。


親はハッピーだけど、自分はハッピーじゃない。


これは犠牲を伴う愛なんです。

「苦しいのに実家暮らしをする」という選択は、不幸の借金と言ってもいいと思います。


親はハッピーだけど自分は全然幸せではなくて、むしろ苦しくなっている、、



やりたいこともやれない。

地元から離れられない。

親元で一生を過ごさないといけない。



親の幸せのために自分を犠牲にしているって辛いですよね。


だから②の選択肢のように自分に余裕ができるまで待ってもらってから親と向き合っても問題ないんです。

ayaka

自分が満たされてから親と向き合って大丈夫です!

親から離れたらどうなるの?

干渉を受ける頻度が減る


物理的に干渉されることは激減しますので、ストレスも少しずつ減っていきます。

親に依存していた自分に気づく


過干渉な親は自分の都合通りに子どもをコントロールしたいという気持ちが強いため、干渉されていることが多いんですよね、、


だからこそ、親に依存させられていた自分に気づく機会が増えてくるかもしれません。

自由になる


親の目を気にせずに自分の好きなように行動できるようになります。

素直に生きれるようになる


制限をかけられることも命令されることもありません。


親の干渉が少なくなるからこそ、偽りのない自分で生きることが出来るようになります

親から離れるときの注意点

親の意見に惑わされないこと


「実家暮らしをやめて一人暮らしをしたい」と言ったら、止めにかかる親もいると思います。


でも親の考えは親の考えであって、自分の考えは自分の考えです。


親の意見より「自分はどうしたいか」ということに焦点をあてて考えていきましょう!

苦しいのに親の言いなりにならないで!その理由と体験談とは親に言われるがまま従ったり、期待をされるからそれに応えたりしていませんか?心と真逆の行動をしなければいけないって苦しいですよね…本記事では、「苦しいのに親の言いなりにならないで!」という内容でお話していこうと思います!...

勇気を出すこと


実家暮らしから一人暮らしになるって結構勇気がいりますよね。


経済的な面もそうですし一人で生活していくことを考えると不安になってしまうこともあるかもしれません。


でも親と一緒にいることを考えたらそんな大変さは乗り越えられます。


少しだけ勇気を出して前へ進んでいきましょう!

最終決定権は自分にある


人の数だけ人生がありますから「苦しくても離れたくない」と思ったら離れなくてもいいんです。


当時、私の友人は手を出す親のもとで暮らしていましたが、私が「離れていいんじゃない?」と伝えても、実家暮らしのままでいることを選択してました。


周囲の状況や環境から、まだ自分は離れられないと思ったみたいでした、、


もちろん役所や病院などには周知されていたため、何かあったら相談できる場所は確保されていましたが正直苦しかったと思います。


一人暮らしをしようと思えばできる状況ですが、あえて選ばなかったみたいです。


だから人それぞれ考え方は違うんです。


私個人としては、苦しかったら離れていいと思います。


でも人それぞれ幸せだと思うことが異なりますので、今一度自分に問いかけてみてください。


親から離れた方が未来は明るいですか?

それとも、実家暮らしをしていた方がいいですか?



最終的に決定するのはあなた自身です。

親から離れたいなら今を変えることを諦めないで!その理由と体験談毒親と言われる人と一緒にいるのは苦しいですよね…精神的に無理をしてしまったり、「もう嫌!」と心が叫んでいたり…生活することが苦しい状況にいるのであれば、親から離れることを絶対に諦めてはいけないんです。本記事では、「親から離れたいなら今を変えることを諦めないで!」という内容でお話していきたいと思います!...

スポンサーリンク

最後に


いかがでしたか?


苦しかったら無理に一緒にいる必要はありません。


離れることで親からの干渉を受けずに、のびのびと過ごせるようになります。


それにもし自分が苦しかったら、そのうち限界がきて親子共倒れします。


「親を幸せにしたい」と本気で思っているのであれば、自分が幸せでいられるような選択をしていきましょう。


私は親の干渉が嫌でアメリカに逃げた私は高校2年生の時に、親の干渉が嫌でアメリカ留学をしました。学校でのいじめも重なっていたことから、一旦どこかに逃げたかったんです。今回は、親の干渉が嫌でアメリカに逃げたお話をしていきたいと思います!...
私が親から離れて自分を生きる理由 こんにちは。ayakaです✧本ページでは、自己紹介代わりに私の過去をちょっとだけお話していきたいと思いますʚɞ私は親の影響で精神的に苦...
過干渉な親になる人の特徴|子どもへの話し方について 過干渉な親になる人には、子どもへの話し方にいくつか特徴があります。今回は、「過干渉な親になる人の話し方について」という内容でお話してい...
過干渉な親と同居する最大のデメリットとは?過干渉な親との同居は、面倒なところが多々あります。仕事に口出しされたり、やりたいことを否定されたり、お節介をしてきたり。本記事では、私が感じる「過干渉な親と同居する最大のデメリット」についてお話していきたいと思います!...
親の支配から抜け出すための2ステップとは 「苦しいけど何も言えない」「怖い」「泣きたくなってうまく言葉で伝えられない」親から支配されているときって苦しいですよね、、 私も...