親との関係

心配性な親が頻繁に連絡をしてくる本当の理由とは


頻繁に心配をされるのは嫌ですよね。



「もう心配しなくていいのに…」

「正直楽しい連絡でもないからもう嫌…」




こんなこと思っていませんか?



本記事では、「心配性な毒親が連絡してくる本当の理由」についてお話していこうと思います!





スポンサーリンク

心配性な親が連絡してくる本当の理由

単純に話したいから


子どもと話すことで、親自身がハッピーになるからたくさん連絡をしてくるんです。


子どもがどう感じようと、子どもが嫌がろうと、「自分が話したい」という気持ちが勝ってしまうので連絡をとろうとします。

孤独だから


頻繁に連絡をとるということは、親自身が今の自分に満足していない証拠です。


「心配」という形で子どもに連絡を取り、「自分と同じように感じてほしい」と感情の強要をします。



はっきり言うと孤独なんです。



だって自分自身が充実していたら、そんなことをする暇ないんですから。


「私はあなたのことを一番にわかっているんだよ」

「心配しているんだよ」

「だから私と一緒にいて」



こんな心の現れなんです。



孤独な自分の心を癒してほしくて、「心配」という形で連絡をしてきます。


今の自分から逃げたいから


今の自分と向き合うことが辛いから、子どもに連絡をしてくるんですよね。


自分の人生をもっと充実させようと努力をすればいいのに、それをしないで子どもに頼るんです。


子どもに連絡を取ることで、一時的に辛い心を紛らわそうとするんです。



ただ自分から逃げているだけなんですよね。


親の心配がもたらす子どもへのデメリット

不安になる


心配された言葉が頭にインプットされるわけなので、不安になる一つの要素なんです。

心配するきっかけになる


知らなかった情報を知るわけですよね。


それをきっかけに、心配しなくていいものも心配することになる可能性だってあるんです。

余計に考えることを増やしている


連絡が来ると返信しないといけないですよね。


もしかしたら、親から送られてきた情報の正当性を調べることになるかもしれません。


だから、返信に費やす時間がかかってしまうんですよね。



心配の連絡が来れば来るほど、余計に考えることが増えてしまい、ストレスを抱えやすくなります。



【体験談】母からの連絡が嫌で適当に返信した結果


母の心配性に飽き飽きしていた頃の話です。


毎月同じことを聞かれていたんですよね。



「元気?」って。



変わり映えしない質問を永遠とされて、反応することに疲れていました。




だから「元気元気。」だけで終わらしたことがあったんですよね。




そしたらこう言われたんです。

なんか今日適当じゃない?(ちょっとキレ気味)

ayaka

だってまだ最後のやり取りから1か月だよ?


そしたらこう返ってきたんです。

もう一か月もたってるじゃない!



「私は彼氏か!」って内心思いました(笑)



もちろん母が連絡をしたいのは十分承知です。



でも質問に答えるだけの繰り返しなので疲れてしまうんですよね。




もちろん長期間連絡を取っていなかったら話すこともあります。




でも短期間だと特に話すこともないんです。


ayaka

この積み重ねが、親を拒絶する理由になっていくんですよね…


親しい人なら離れていても何も問題ない


人生を充実させるために離れているんだから、そんな頻繁に近況報告をする必要はないと思うんです。


ただ子どもは子どもの人生を歩んでいるだけ。



嫌々ながら毎月連絡を取るよりも、お互いのタイミングがあったときに連絡をとればいいじゃないですか。



心配をしてまで、子どもに連絡を取る必要はないと思うんです。



親子関係でも一種の人間関係。




だからこそ、お互いを尊重し合って、理解し合って、関わっていくのが良好な関係だと思うんですよね。


スポンサーリンク

最後に


いかがでしたか?


心配性な親は心が孤独です。


だからこそ、子どもが嫌がっても連絡を取ろうとしてくるんですよね。



自分が充実していればこうはならないんです。


もう少しお互いを尊重し合える親子関係になれたらいいものですよね。



心配性な親は子どもを不安にさせる?その理由とは 「宿題した?」「忘れ物ない?」一度は親から聞いたことあるセリフだと思います。でも実は、誰でも言ってしまいそうなこんなセリフが子どもを不...
過干渉な親からの進捗確認の連絡|できるだけ早く気楽に話を終える方法 親が過干渉だと毎回色々なことを聞かれてしまって心を苦しめている方もいらっしゃるかと思います。「最近どう?」「仕事どんな感じ?」一見普通...
「親の逆ギレ」自分の気持ちを強く持っておく大切さとは親から逆ギレされると悲しくなりますよね…「本当は自分は悪くないのに…」「ただ自分を伝えているだけなのに…」子どもの発言が気に入らないからと言って、親が逆ギレしてくる行為は、心がぎゅっと締め付けられます。今回は、「親に逆ギレされたときは、自分の気持ちを強く持つことが大切です!」という内容でお話していきたいと思います!...
「親からの連絡」話したくなければ話さなくて大丈夫なんです親からの連絡って嫌なときありますよね。いちいち干渉してきたり、圧力をかけてきたり。本当は連絡を無視したいけど、仕方がないから返事をするなんてことをしていませんか?私も以前まで、嫌々ながらに返信していました。親から連絡が来るたびに胸が苦しくなって、ストレスが溜まっていたんです。でも、親の連絡を無視していいんだっていうことに気づいたんですよね。本記事では、「親と話したくない時は話さなくて大丈夫です!」という内容でお話していきたいと思います!...
過干渉な親が自分のやりたいことに口出しをしてくるときの対応方法 自分がやりたいことに対して、親から口出しをされるのって嫌ですよね、、進路を決めるときに親の理想を言われる。やっている仕事を否定される。...