親との関係

親に対する我慢強さはもう捨てて!その理由と体験談とは



「どれだけ我慢し続けたら苦しみから解放されるんだろう…」


と考えたことはありませんか?


以前の私も、自分の気持ちをひたすら我慢する生活をしていました。



親のことが怖かったので、何も言えなかったんですよね。



本記事では、「親に対する我慢強さを捨てた方がいい理由」という内容でお話していこうと思います!




スポンサーリンク

親に対する我慢強さを捨てた方がいい理由2つ

精神的に苦しいから


苦しいのに我慢し続けていたら、辛いですよね。



我慢すれば我慢するほど苦しい思いは積もっていくばかり。



もし我慢し続けたら、親と一緒にいる限りこの苦しみが永遠と続く可能性だってあります。



毎日気持ちを我慢し続けることは、精神的に苦しむことを自らが選択していることと同じなんです。

身体を壊す可能性があるから


心の不調は身体にも出てしまうので、我慢し続ければいずれ身体にガタが来ます。


例えば、頭痛を発症したり、鬱になってしまったりする恐れがあるんですよね。


私の場合は、親との生活で自分を我慢しすぎてベッドから起き上がれなくなりました。


だから、我慢すればするほど身体にも異常がでてくるんです。

 

苦しいのに親の言いなりにならないで!その理由と体験談とは親に言われるがまま従ったり、期待をされるからそれに応えたりしていませんか?心と真逆の行動をしなければいけないって苦しいですよね…本記事では、「苦しいのに親の言いなりにならないで!」という内容でお話していこうと思います!...

我慢しないで自分を正直に表しても大丈夫


毒親と言われる人に自分の気持ちを伝えるときは、攻撃される可能性が大なので要注意です。


だから、何でもかんでも親に気持ちをぶつけてしまうことはしないほうがいいと思います。



でも、自分の気持ちを押し殺す必要はないと思うんです。


例えば…
  • 親を否定するような発言はさけて、自分の正直な思いを伝えてみる。
  • 感情的にならずに自分の気持ちをたんたんと伝えてみる。
  • 親の悪口大会にならないように話してみる。


このように、自分の気持ちを話すことは全く問題ありません。



だって、親のことを悪く言っているわけではなく、自分の思いを伝えているだけですからね。



もちろん親を否定していないつもりでも、親は自分を否定されたと感じる可能性もありますが、その時ははっきり言えばいいだけです。

ayaka

私は自分の気持ちを伝えているだけで、親のことを否定しているつもりはないよ!


親を傷つけるつもりもないですし、ただ自分を伝えているだけ。


だから、我慢せずに自分を正直に表して大丈夫なんです。

ぺんこ

自分の気持ちを伝えることは、親を否定しているわけじゃないから言っても大丈夫だよ!


【体験談】我慢しないで親に言い返してみた時のセリフ3選

「そういうこと言われると悲しいんだよ」


私に対して否定してくるような親だったので、正直な気持ちを伝えてみたんです。

ayaka

そういうことを言われると悲しいんだよ。
だからそんな風に言わないで!


勇気を出して伝えてみましたが、私の気持ちは受け入れてもらえず笑ってごまかされました(笑)

「悲しいことも楽しいことも自分で選んで体験したいの」


進学や就職において口出してくるような母親だったので、ちゃんと話してみたんです。

ayaka

人生経験が長いから私がやりたいことを否定してくるかもしれないけど、私はまだ経験したことがないの。だから苦しいことや楽しいことも自分で選んで体験したい!


これを伝えても「だって…」が始まるばかりで、何を言っても私の気持ちは伝わりませんでしたね(笑)

「私をただ見守ることはできないかな」


私の人生に口出しをしないと気が済まない親だったので、正直に伝えてみたんです。

ayaka

私の人生なんだから、私のことを見守ることはできないかな?


すると言われたことは、


「娘の人生だから口を出すのよ。幸せになってほしいから言うのよ。」


でした。



幸せを願うなら見守ってほしいですよね。

どんなに自分の気持ちを伝えても親には伝わりません。

でも自分を我慢することがなくなるので、言いたいことが言えてスッキリします!


親が子どもに過干渉になる理由とは?過干渉な親を持つと何かと大変ですよね…やりたいことに口出ししてきたり、文句を言ってきたり、行動を変えようとしてきたり。どうして過干渉な親は、そこまで干渉をしてしまうのでしょうか。そこには寂しい人間心が隠されていたんです。本記事では、「親が子どもに過干渉になる理由」という内容でお話していこうと思います!...



我慢強さを手放すと楽になります


やっぱり我慢は疲れます。


これは二十数年、親を我慢してきた私がはっきりと言えることです。



話したいことを言えないと、もどかしい気持ちは溜まっていく一方なんです。


心の中に秘めている思いが多ければ多いほど、精神的に疲れてきます。



だからもっと自分に素直に生きていっていいんです。



辛かったら正直に辛いと伝えてもいいんです。

我慢の限界だったら親から離れてください。



人間ですから、我慢していたらストレスは溜まっていきます。

だからこそ、我慢強さは手放した方がいいんです。


スポンサーリンク

最後に


いかがでしたか?


我慢していたら、苦しい感情が溜まっていくばかりです。


勇気がいることだと思いますが、自分を少しずつ親から解放していってくださいね。

過干渉な親と話しても無駄なんて言わないで!伝えることの重要な意味とは 過干渉な親と話すってものすごく難しいことですよね…話してもなかなか伝わらないですし、否定されてしまう場合もあるので、きっと話したくない...
過干渉な親に本音を伝えるときにおさえておくポイントとは 過干渉な親に本音を伝えるって勇気がいることですよね。言い返されたり、逆ギレされたり、伝わらなかったりなんてこともあると思います。本記事...
過干渉な親になる人の特徴|子どもへの話し方について 過干渉な親になる人には、子どもへの話し方にいくつか特徴があります。今回は、「過干渉な親になる人の話し方について」という内容でお話してい...
「親からの連絡」話したくなければ話さなくて大丈夫なんです親からの連絡って嫌なときありますよね。いちいち干渉してきたり、圧力をかけてきたり。本当は連絡を無視したいけど、仕方がないから返事をするなんてことをしていませんか?私も以前まで、嫌々ながらに返信していました。親から連絡が来るたびに胸が苦しくなって、ストレスが溜まっていたんです。でも、親の連絡を無視していいんだっていうことに気づいたんですよね。本記事では、「親と話したくない時は話さなくて大丈夫です!」という内容でお話していきたいと思います!...
親からの情に訴えかけてくる急な連絡。嫌だったらその期待には応えなくていい|その理由とは 親から情に訴えかけるような連絡が来た時、あなたならどのような対応を取りますか?例えば、急に家族が倒れたと連絡が来たり、助けを求めるよう...