スピリチュアル

過干渉な親の元に生まれてきたら親を我慢し続けないといけないの? | スピリチュアル


  • 親を大切にしないといけないから一緒にいないといけない
  • 定期的に実家に帰らなければいけない
  • 何か困っていたら助けてあげないといけない


過干渉な親の元に生まれた人は、自分の気持ちを我慢してまでこのようなことをしなければいけないのでしょうか。



「親を大切にしなければいけない」「親孝行しないといけない」という文化がなんとなくあるように感じます。



もちろんその考えもわかるんです。



でも、その言葉を突きつけられると結構きついものがあるんですよね。





今回は、過干渉な親の元に生まれてきたら、親を我慢し続けないといけないの?という内容でお話していこうと思います!




スポンサーリンク

我慢し続ける必要はありません

もしあなたが親の立場だったらって考えてみて!


これはあくまで私の妄想の世界に過ぎませんが、ちょっとだけ考えてみてほしいんです。



もし、あなたが親の立場で先にお空の世界に行ったとします。


そこで自分の人生を振り返る場所があったとしましょう。

  • 知らない間に自分の行いで子どもを傷つけていた
  • ずっと子どもを拘束していた

と知ったら、あなたは幸せですか?


「子どもを不幸にしていたんだ」って知ってしまって、「嬉しい」と思う人はなかなかいないと思うんです。


一方で、子どもがその傷を武器にして自分らしく生きているとわかった場合、「あーよかった!」って感じませんか?


私は、親の元に生まれてきた人にとっての一番の親孝行は、自分が自分らしく生きていくことだと思うんです。



だから我慢し続ける必要はないと思っています。



親に制限をかけられたらちゃんと「嫌」を伝えていいですし、攻撃的な発言が続くようだったら、親からスッと離れる選択は何も悪いことだとは思いません。



もし私が親の立場だったら、子ども自身がその傷を強みにして自分らしく生きてくれている方が、「はぁ、よかったな」って感じるんです。


自分の気持ちに正直になることは何も悪いことではない



過干渉な親になる人は、子どもの気持ちがわからない、もしくはわかっていても自分の接し方を変えることが出来ないので、子どもを傷つけてしまいます。



だから仕方がないとは言っても、自分の気持ちを我慢し続ける必要はありません。



自分の気持ちに正直になって、その通りに行動することは何も悪いことではないんです。



「親から離れることは親不孝」「自分を犠牲にしてまで親に尽くすことが正義」そんな価値観は全部無視して大丈夫です。



誰に何を言われたとしても、自分の心が親を拒絶しているということは、その心通りの行動を取っても大丈夫!




自分の未来は自分で好きなように選べますから、自分がどうなったら幸せか、自分がどうなりたいかを考えて、行動していきましょう!


スポンサーリンク

最後に


いかがでしたか?


過干渉な親の元に生まれたからと言って、親がお空の世界に行くまで我慢し続ける必要はありません。


ぜひ、自分が幸せになれる未来に向かって行動していきましょう!




「親からの連絡」話したくなければ話さなくて大丈夫なんです親からの連絡って嫌なときありますよね。いちいち干渉してきたり、圧力をかけてきたり。本当は連絡を無視したいけど、仕方がないから返事をするなんてことをしていませんか?私も以前まで、嫌々ながらに返信していました。親から連絡が来るたびに胸が苦しくなって、ストレスが溜まっていたんです。でも、親の連絡を無視していいんだっていうことに気づいたんですよね。本記事では、「親と話したくない時は話さなくて大丈夫です!」という内容でお話していきたいと思います!...
「過干渉な親に自分の気持ちを否定される」心が傷ついている方へ投げかけたい3つの言葉親から否定されると悲しくなりますよね…「なんで否定するの?」「私はこう思っているだけなのに…」もどかしい気持ちと、悲しみとで、心が傷ついていませんか?今回は、そんな心が傷ついている方へ投げかけたい3つの言葉をご紹介させていただきたいと思います!...
親の支配から抜け出すための2ステップとは 「苦しいけど何も言えない」「怖い」「泣きたくなってうまく言葉で伝えられない」親から支配されているときって苦しいですよね、、 私も...