スピリチュアル

スピリチュアル|コロナを通して地球人にどんなことを投げかけたいのか?|聞いてみた


世界中でコロナは流行っていますよね。


結構長期間続いているので、「どういう意味で起きているんだろう」と疑問に思ったんです。

ayaka

本記事では、上の存在とコロナについてお話したときの会話をご紹介していきたいと思います!



それでは始めて行きましょう!

スポンサーリンク

コロナはどうして起きているのか?

ayaka

コロナはどうして起きているのでしょうか?

コロナは人々が愛に気付くために起きていることだ。人を知り、愛し、自分を知り、愛し、考え、思いやること。これらが感じられなければ、コロナは一向に収束することはない。

ayaka

じゃあ、人々が思いやりを意識していかなければ、コロナはいなくならないんですか?

そうだ。人のことを思いやり、考え、多くの人を助けたいという意識が人を救う。 今現在で、その意識に到達している人がどれだけいるのだろうか。

ayaka

でも、少なからず医療関係者の方はその思いはあると思います!助けたいとか、思いやりたいって思っている人は多いと思いますよ。

確かに人の命を救おうと努力している人は多くいる。

ayaka

じゃあ、なんでコロナはいなくならないんですか?

そのエネルギーよりも負のエネルギーの方が強いのだよ。コロナを憎み、悲しみ、そしてコロナにかかった人を許さんという世界の働きがあるであろう。 人を愛するという意識よりも、とにかく感染者を出さないという意識に発展してきている。

ayaka

人を愛し、思いやりを深めてほしかったけど、人々の意識がコロナを敵とみなして、ただ無くそうとしているだけになってきたってこと?

そうだ。目的が変わってきたのだよ。だから、どんどんと強い変異種が出てきている。

 

聞いてみた感想

コロナの目的は、スピリチュアル的な意味でいうと「人々が身近な愛に気付くために行われていること」と言っているように感じました。


コロナはいつ収束していくのか?

ayaka

じゃあ、本来の目的の「人を愛し、自分を愛する」ということを基盤において行動したら、コロナは消えるの?

もちろん。良く考えてほしいのは、なぜこのコロナ騒動が起きているのかという事だ。どうして世界規模でこんなにも長い期間、人々が苦しい思いをしながら戦い続ける羽目になっているのか。

ayaka

愛、、に気付くため?

そうだ。「人の命を救う」という事よりも先に、人のことを心から思いやり、助け合い、人々が一丸となって戦っていかなければならないミッションになっているのだ。

ayaka

人の命よりも愛に気付くことが優先ってこと、、?

そうだ。人の命も確かに大切だ。だがそれ以上に得られるものがある。

ayaka

それって何ですか?

学びだよ。人を愛すること、自分を愛すること、人を助けること、助けられること。人々の心を動かす多くの愛が、コロナを通して得られるのだ。

ayaka

じゃあ、コロナが収束するときってまだ先なの?

そうだな。もう少し先になるだろう。

ayaka

そっか、、

でも心配するんでないぞ。すべてはうまく進んでおる。

 

聞いてみた感想

収束するのはもう少し先のようでした。「人の命よりも愛に気付く経験」の方が優先されるというのが興味深かったです。

今の地球人の行動について

ayaka

今のコロナ禍の人々について、どう感じますか?

人々が感染を恐れ、苦しみ、悲しみ、責め合い。すべてにおいて負のエネルギーが勝ってしまっている。

ayaka

でもやっぱり怖いじゃないですか。普通のことじゃないんですか?

なぜそう思う?

ayaka

だって、、、人に迷惑かかるし、、

それでいいんだよ!助け合うことが目的なんだから、それでいいんだ。その先にどれだけの愛を見つけることが出来て、人々が愛し合い、協力する機会をたくさん与えられているのに、なぜこんなにも人は、殺し合いのようなことをするのであろうか。

ayaka

殺し合いって、愛のない行動をし合うってこと?

そうだ。どうして人は、多くのことを失おうとしているのであろうか。どうしてコロナを通して、愛に気付く人が本当に少ないのであろうか。どうしてみな傷つけあってしまうような世界になってしまったのだろうか。すべての人が愛をもって行動していれば、こんな騒ぎにならないはずなのに、どうして気付こうとしないのか。

ayaka

だって、感染が怖いっていう感情が先に出てしまうんじゃないんですか?

確かに負の感情に支配されてしまう事もある。だが、それを乗り越えた先に大きな愛を見つけることが出来るのである。目先の感情ばかりに囚われないで、自分の芯の部分を見つめ直す。それが、今問われていることなのだ。

ayaka

じゃあ、コロナを乗り越えた先に大切な人生のヒントがあるってこと?

そうだ。人を愛し、人を知り、助け合う。これが出来る機会をコロナを通して与えられているのである。

 

聞いてみた感想

今の地球人は恐怖に支配されすぎて、そこから得られる多くの愛に気付けていないということでした。また殺し合いとは、愛のない行動全体のことを言うのだと感じました。


これからの地球が行きつく先は大丈夫?

ayaka

今のままで地球は大丈夫なんですか?

地球が進んでいる先は間違ったものではない。 この流れでいいのである。

ayaka

でも、人や自分を愛する?思いやる?って、コロナがいなくなるには必要なんですよね?

そうだ。人々が自身の心に向き合い、人を思いやるということは必要不可欠だ。


聞いてみた感想

今のままで大丈夫みたいですが、やっぱり自分や他者を思いやる心は求められているんですね。


コロナを乗り越えるためには何が必要か?

ayaka

コロナを乗り越えるためには、何か必要なことはありますか?

今必要とされているものは、人々がどれだけ協調性をもって乗り越えることが出来るかという事。すべてのものに感謝し、思いやり、愛をもって接する。これらは重要だ。

ayaka

それを心がけていたら、コロナはいなくなってくれるの?

その通り!これに気付ける人が増えれば増えるほど、次第にコロナは消えていくであろう。


聞いてみた感想

やっぱり個人個人が、誠実に生きることを求められているんだと感じました。


一種のイベントのコロナとは

ayaka

他に伝えたいことはありますか?

これは一種のイベントのようなものにしか過ぎない。

ayaka

どういうことですか?

今回のコロナだけでなく、この先も地球には多くの試練と言われるものが待っているであろう。だがそれに支配されるか、乗り越えるかは地球人次第だ。人々がこの試練を互いの協力によって乗り越え、愛をもって行動したときに大きな発見があり、地球はエネルギー上昇するだろう。

ayaka

じゃあ、乗り越えた先の未来は明るいんだね!

楽観的な考え方で良いぞ(笑)


聞いてみた感想

一種のイベントか~(笑)確かに命よりも、愛に気付くことを重要視していたらイベントですよね。


コロナを通して世の中に伝えたいこと

ayaka

コロナを通して、世の中に伝えたいことを最後に聞いてみました!


以下内容がメッセージとして受け取ったことです。


最後にまとめて記載させていただきます。




コロナは一種のイベントであるから、収束するときは来るだろう。



だがそれは、人々の気づきがあってからだ。


それがなければ、このコロナは収まることはないだろう。


人々を殺しているのは、本当はコロナではなく、人々だという事に気付いた方が良い。



どうしてもコロナを責めてしまいがちだが、それが真実なのである。



もちろん人が悪いと言っているわけではない。



地球がエネルギー上昇するためには、そうすることが一番だったのだ。



どうしても責めるというのであれば、自分を責めろ。



自分に誠実に生きているかを問いなさい。



人のことを心から思いやり、自分を思いやり、愛しなさい。



それがすべてを解決へと導くのである。




本当は自分に意識を向ければいいものの、他に意識が向いてしまっている。



自分を見つめ、他を思いやりさえすれば、この世界はどれだけ変わることだろうか。



この地球は今変わろうとしている。




その事実は変わらないのだ。


すべてを理解しなくても良い。
少しずつ気づいていくだけで、それでいいのだ。



聞いてみた感想

収束のためには、思いやりの心をもって誠実に生きることが必要ということですよね。収束時期を明確に言わないという事は、本当に人々の行動次第なのだと感じました。


受け取った言葉からの考察


大きな悲しみとともに、大きな決心とパワーを感じました。


この地球を愛し導いていくのだという意識を感じ、本当に人々のことを思っているからこそ、起きていることなんだと思います。


どうしても他者に目を向けがちですが、自分自身と向き合い、自分を愛することの大切さ、人々と協力して生きているんだということを、今一度考え直すときが来ているように感じました。



あなたはこの文章をどのように受け取ったでしょうか?



本来は、こんな風に生きていったら幸せなんだと思います。



自分を愛し、他人を愛し、みんなで協力し合って生きていく。



でも、こんな単純なことを意識できないでいるのが今の世の中です。



他人に囚われ、情報に囚われ、強欲になり、お金に左右されている。




今一度自分を見つめ直し、誠実に生きる機会を与えられているのだと感じました。



確かにコロナの影響で苦しいことも多くあるかもしれませんが、そこから気づくことは沢山あります。



その気付きを、今後の人生の大きな力として生かすことが出来た時、コロナは素晴らしい経験だったのではないでしょうか。





なので、責めるよりも受け入れていくことが大切なのだと感じましたね。



スポンサーリンク

最後に


いかがでしたか?


私はコロナが始まる前に、世界が真っ赤に染まるビジョンを見ていました。



でも、少しずつ去っていく感じだったので、コロナが落ち着く日は来ると思います!



ただ、まだ続きそうですね。


私が感じる「風の時代」とは|本音で生きる時代へ最近、「風の時代」という言葉が流行っていますよね。「実際に何が変わるんだろう?」「どういう意味なんだろう?」と思いませんでしたか?私はこの言葉を最初に聞いたときに、神様が魔法をかけて、もっと過ごしやすい世界にしてくれるのかなと思いました(笑)占いの勉強をしているわけでもないので、純粋に「どういうことだろう?」って思っていたんですよね。何となくこんな時代のことを指すんだろうなと思ったので、私なりにまとめてみました!本記事では、私が感じる「風の時代」についてお話していきたいと思います!...